府中市T邸

  • 新築
  • 2012年
  • 東京都府中市
  • このプロジェクトのブログ
  • 武蔵野の台地が広がる東京の豊かな郊外、府中市。低い建蔽率によって緑の多い住宅街が落ち着いた雰囲気をつくっています。3方を囲まれた旗竿状敷地でありながら、幸運にも東側が広く開けており視線の抜けがあります。この敷地状況を積極的に取り入れ、3方は塞ぎつつも、東側と南上方にのみ大きな窓を設らえ、光と風を呼び込み、明るく心地よい内部を作ります。吹抜けの階段廻りに棚を作り、家族のライブラリー空間となっています。 2Fの壁沿いには棚を巡らし、家族の写真が並びます。スキップフロアを介して1Fと2Fがゆるくつながり、お互いの活動の様子を伺うことができます。浴室はハーフユニットバスとし、壁からは青森ヒバの良い香りがします。キッチンも奥様と打ち合わせを重ね、使い勝手と収納量を考慮した設計となっています。玄関は広めの土間空間となっており、後日ペレットストーブを設置しています。ダイニングには建て主さまこだわりのルイスポールセンの照明が食卓を彩っています。屋上テラスでは、お風呂上りにビールを飲んだり、夏の調布の花火を眺めたり、もちろん洗濯物を干したりと、プラスアルファのゆとり空間となっています。

岡山を拠点に活動する建築家・梶野竜二による一級建築士の設計事務所の案内。建築家による土地探し相談から上質な注文住宅・別荘の設計、店舗設計、病院設計等。シンプルデザインですっきりとした和風モダン。岡山・倉敷・牛窓等瀬戸内の自然や敷地の特徴を捉えた配置計画。積極的に無垢木材や自然素材を利用。料理好きの建築家によるこだわりのキッチン収納やパントリー、使い勝手の良い家事動線の設計。家の中に物があふれないような収納計画。大きな玄関土間空間で半屋外活動。デザイン性の高い外観。木の家。