葉山町A邸

  • 新築
  • 2013年
  • 神奈川県三浦郡葉山町
  • 2014年7月 テレビ朝日「建もの探訪」放送
  • 雑誌OCEANS 2015年7月号
  • このプロジェクトのブログ
  • 「真っ白な住宅にはしたくない」という言葉が印象的だった初めてのお打ち合わせ。デザイナーのご主人と教員の奥様、二人の息子さんの4人家族。葉山の海岸まで歩いてすぐという別荘地のような敷地が舞台です。道路側の外壁2面は焼き杉板張り、残る裏側の2面は同色のガルバリウム鋼板とすることでコスト調整。短辺となる南側には1F、2F共にウッドデッキを作り、布団干しや洗濯物干し、また時にはバーベキューもできるスペース。レッドシダー張りの玄関をくぐると、カラフルな内部が目に飛び込みます。赤や緑やオレンジ、紫や黄色など、デザイナーのご主人との共同作業で作り上げた色とりどりの内部空間。日常でありながら非日常的な色世界が、個性を際立たせています。2階のメインフロアには、カナダツガによる垂木の連続と空間を横断する柱梁のフレームが「家」の原型を想起させてくれます。家事動線はコンパクトに集約し、共働き家庭でも効率よく家事を行うことができます。対面型キッチンでは奥様目線からLDKを見渡すことができ、忙しい日々の中でも家族との会話が絶えることがありません。生活・家族・食事を中心とした建て主さまの価値観が色濃く住宅に反映されている良い例となっています。性能面では高気密高断熱のエコ住宅となっており、トップランナー基準の温熱環境となっています。

岡山を拠点に活動する建築家・梶野竜二による一級建築士の設計事務所の案内。建築家による土地探し相談から上質な注文住宅・別荘の設計、店舗設計、病院設計等。シンプルデザインですっきりとした和風モダン。岡山・倉敷・牛窓等瀬戸内の自然や敷地の特徴を捉えた配置計画。積極的に無垢木材や自然素材を利用。料理好きの建築家によるこだわりのキッチン収納やパントリー、使い勝手の良い家事動線の設計。家の中に物があふれないような収納計画。大きな玄関土間空間で半屋外活動。デザイン性の高い外観。木と漆喰の家。