<土手下の住宅>

  • 土手下の住宅
  • 2021年
  • 倉敷市
  • 住宅

HOUSE UNDER THE BANK

  • House under the bank
  • 2021
  • kurashiki JAPAN
  • residence

・・・

・・・


東側からの眺め
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

高梁川の土手下に位置する敷地。周辺の住宅は南側に主要な窓を配置しているが、この住宅は拡がりのある西側の土手に対して主要な窓を配している。

東側からの眺め
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

 西側の土手からの眺め。東面と西面中央に大きな開口部を設け、東西に視線が抜けるつくりとしている。水廻りを黒の下屋に集約し、各居室を白の2層に集めている。

7敷地分を一団で開発された土地で、同時期に建設された住宅が並んでいる。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

東側アプローチの様子。下屋の軒の出を大きくし、玄関廻りに雨除けスペースを大きく確保している。

平面は正方形に近い総二階建ての住宅。二階東側に浴室と洗濯室を配置。二階西側の二つの窓は子供室の窓であり、将来的に間仕切りを外せば、二室を一室にして利用可能。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

玄関を入り吹抜けを見上げた様子。漆喰仕上げの白壁上部に現しの垂木が見えている。

北西側からの眺め。北面と西面はすっきりとモルタル仕上げの外壁。1階西側には和室の地窓が見えている。西側にある奥さんの実家が見える位置関係。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

玄関土間からキッチンを見る。窓の向こうには土手の斜面が見える。

玄関から和室方向を見る。右手には納戸と洗面室。左手には二階へ続く階段が見えている。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

ダイニングの様子。バーチカルブラインドで外部からの視線と日差しを適度に調整している。

玄関からキッチンと階段を見る。キッチン南側にある大型の滑り出し窓によって明るいキッチン。階段途中にはダイニングを見下ろす小窓を設置している。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

ダイニングからキッチンを見た様子。キッチンの左がパントリー。奥が洗面室。

リビングダイニングの様子。漆喰仕上げの壁と天井。天井には一部梁を現しにしている。中央上部には階段室の小窓が見えている。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

ダイニングから見上げた様子。調湿機能を持った広い漆喰壁。

ダイニング方向を見る。落ち着いたリビングダイニングとするため、キッチンは独立した形にしている。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

二階ご主人の机。吹抜けに面しつつ、西側の土手方向にも視線が抜ける気持ちの良い場所。奥は子供室への入口。

ダイニングからリビング方向を見る。和室の地窓から明るく光が差し込んでいます。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

ご主人の机からダイニングを見下ろした様子。1階と2階が一体的に感じられる。

市松配置の縁なし目積表。天井の合板も市松配置に。現しの柱はチーク。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

ご主人の机から吹抜けへの眺め。漆喰壁にプロジェクターで投影して映画を見る計画。

南の窓からの光で明るいキッチン。床は床暖房の上に大理石張り。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

家族共用の勉強机。吹抜けに面して開放的な設え。

キッチンから玄関と納戸を眺めた様子。キッチンに置ききれない物は納戸にも収納できる。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

共用机から土手方向を見た様子。吹抜け周りに家族が集う姿が想像される。

キッチンから玄関と納戸を眺めた様子。キッチンに置ききれない物は納戸にも収納できる。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

子供室から吹抜け方向を見た様子。

キッチンから玄関と納戸を眺めた様子。キッチンに置ききれない物は納戸にも収納できる。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

洗面室と脱衣室の様子。鏡の上下に窓を設置し、日中は照明なしでも気持ちよく使用できる。洗面カウンター下部は建て主が既製品の収納等を置く予定。

キッチンから玄関と納戸を眺めた様子。キッチンに置ききれない物は納戸にも収納できる。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

ハーフバスの浴室。腰上は桧板張りに大きな窓を設置し、浴室を使用していない時間帯は、浴室経由で洗面室や脱衣室に光を取り込めるようにしている。

キッチンから玄関と納戸を眺めた様子。キッチンに置ききれない物は納戸にも収納できる。
Photo:MALUBISHI ARCHITECTS

敷地南西側からの眺め。北側の住宅よりも建物高さが1m程低いが、内部空間の拡がりは十分に感じつつ、外観のプロポーションを整えている。

岡山を拠点に活動する建築家・梶野竜二による一級建築士の設計事務所の案内。建築家による土地探し相談から上質な注文住宅・別荘の設計、店舗設計、病院設計等。シンプルデザインですっきりとした和風モダンの家づくり。岡山・倉敷・牛窓等瀬戸内の自然や敷地の特徴を捉えた配置計画。積極的に無垢木材や自然素材を利用。料理好きの建築家によるこだわりのキッチン収納やパントリー、使い勝手の良い家事動線の設計。家の中に物があふれないような収納計画。大きな玄関土間空間で半屋外活動。デザイン性の高い外観。木と漆喰の家。