SOHOのリノベーション  SOHO Renovation

  • SOHOのリノベーション
  • 2018年
  • 岡山県岡山市 okayama JAPAN
  • 住宅+事務所 residencial+office

改修前は、2階がLDK+水廻り、1階が事務所と車庫兼倉庫であった。家族構成の変化により内部床面積を広げる必要があり、外部空間である車庫兼倉庫部分を内部化し、2室+収納部屋へとリノベーションを行った。車庫兼倉庫部分は外部空間であったため、断熱がされておらず、床・壁・天井に断熱工事をする必要があった。また床は土間仕上げのため、束立てして床組みを行い、新たな床をつくった。内壁を解体する工程において構造体がむき出しになるので、同時に柱梁に構造金物を取付け、耐震補強を行った。内装はチークフローリングに左官仕上げの壁、合板仕上げの天井とし、落ち着いた色調でまとめている。玄関戸は既存テンパードアを撤去し、素材感のある米杉鋸引き仕上げの外開き戸に置き換えている。


ベージュ色の塗り壁にチークのフローリング、天井は合板仕上げ。

交通量の多い道路に面するため、窓には木製ブラインドで視線を遮っている。

天井高さは2.1mとかなり低めであるが、落ち着いた雰囲気と同調している。

右側の御簾戸は、昔実家で使用していたものを保管しており、それを持ち出しサイズに合わせて嵌め込んだもの。

引違いの右側は階段下収納。左側は洗濯機置き場となっている。水を使う洗濯機には、風通しが良く適している。

奥には寝室が見えている。

トーンを落とした色調に、黒の家具が映えている。

トーンを落とした色調に、黒の家具が映えている。

左官仕上げの壁にダウンライトの光が柔らかく注いでいる。

寝室の引戸は塗装仕上げとし、塗り壁の色に揃えている。

室内干しできるよう、壁にはワイヤーを張っている。

2室が連続するよう、引戸は吊りとし、フローリングが連続している。

右手の窓前には作り付けのカウンターがあり、アイロン台として活用している。

事務所と隔てる壁に開口をあけ、室内同士で行き来できるようにしている。

事務所内部の様子。左の引戸が住居側への入口。

特注の打合せテーブルは極細のスチール製フレーム。

元酒屋の陳列台に新たにフローリングを張り、式台としている。

引戸下部はフローリング同材としてチークの上り框としている。

引戸の堀込引手は見付を細くしシャープなディテールとしている。

元酒屋のテンパードアを取外し、右側に木製外開き戸を設置。左側は木製フィックス窓とする。

左手の大きな矩形窓部分は、元々車庫兼倉庫で外部空間あったが、改修によって外壁を設置し内部空間とした。

外壁仕上げは漆喰としている。

事務所部分の様子。

車庫兼倉庫部分の解体着手時の様子。

床は土間仕上げであったが、束立てして床組みをし、50cm程床を上げている。

柱梁に構造金物を新たに設置し、改修と同時に耐震補強も行った。

この段階では階段横にまだ事務所に通じる開口は開いていないのが分かる。

岡山を拠点に活動する建築家・梶野竜二による一級建築士の設計事務所の案内。建築家による土地探し相談から上質な注文住宅・別荘の設計、店舗設計、病院設計等。シンプルデザインですっきりとした和風モダン。岡山・倉敷・牛窓等瀬戸内の自然や敷地の特徴を捉えた配置計画。積極的に無垢木材や自然素材を利用。料理好きの建築家によるこだわりのキッチン収納やパントリー、使い勝手の良い家事動線の設計。家の中に物があふれないような収納計画。大きな玄関土間空間で半屋外活動。デザイン性の高い外観。木と漆喰の家。